夫婦のほとんどは

結婚において重大な問題であるかどうかを知るために

婚活後にしばしば軽減されます同様に最初の会議を紙に書いてください。私は結婚しているかどうかを決めるのに多くの詳細を覚えています。文章を使って、覚えている木曜日の詳細を記述します。私は結婚式と新婚旅行を思い出すことができます。このタスクは、この期間中に好きなことを説明します。私たちは家事を公正に分かち合っています。タスクでは、ルーチンの雑用が説明されます。する必要がある雑用をやっていないなら、したいものを選んでください、洗濯のような、第4月曜日の考え。私たちはよく計画を立て、一緒に生活をコントロールする気持ちを持っています。このタスクでは、一緒に計画する計画について説明します。私はこの結婚を誇りに思います。この結婚を誇りに思っていることを二つ与えてください。夫婦が間違ったことをしているように感じ結婚式の日に誓う死ぬまで愛し続けますという気持ちを

指輪が新しいシーズンの忙しい仕事に入るたびに

結婚を続けたい場合は夫婦はかつて恋に落ちた

私は私の家族を誇りに思っています。あなたに特別なプライドを思い出してください。私は配偶者の短所のいくつかが好きではありませんが、私はこれらの欠点を克服することができます。これらの小さな欠点で適応できる欠点は何ですか?金曜日の考え。この結婚は、私が見た結婚の大半よりはるかに優れています。知っている悪い結婚を考えてみてください。第5月曜日の考え。私は配偶者に会うのは本当に幸運でした。配偶者と結婚するメリットを列記してください。結婚は時には闘争を必要とするが、争う価値がある。成功裏に通過した困難な時期を考えてください。私たちはとても甘いです。今夜配偶者のために驚きの贈り物を準備してください。私たちは真剣にお互いに関心を持っています。やったことや面白いことを考えてみてください。

婚活からどんどん遠ざかっていくからといって

私たちはお互いに良いパートナーです。ミッションは、外出のために計画されています。6週目の月曜日の考え。私の結婚には素晴らしい愛がたくさんあります。一緒に参加する特別な旅行に戻って考えてみましょう。配偶者は面白い人です。配偶者にあなたに興味のあることをいくつか質問してください。私たちはお互いにうまく対応することができます。配偶者に愛の手紙を書いて、それを相手に送ってください。私がもう一度選ぶと、私はまだこの人と結婚するでしょう。結婚記念日、またはその他、旅行を計画します。私たちの結婚は相互の尊敬に満ちています。トレーニングクラス、セーリング、ボールルームダンスなど、に一緒に参加するか、または月曜日の7週目のアイデアに賞賛したことを相手が最近したことを配偶者に伝えることを検討してください。この結婚では、セックスは非常に満足しています。両方のために情熱的な夜を作ってください。

婚活する前に理解していても

私は夫が仕事に行くと、優しく私にキルトをくれたことを思い出しました●冬には、恋人が角を取り除き、愛する人のためにベッドを暖めるのを助けます。夏には、愛する人のために水のカップを吊るし、愛する人のために蚊帳を見つけましょう。一見シンプルな行動は深いケアを含み、愛と愛のビットを楽しむ。赤い光が止まりました。ウエディングの光が夫を引っ張って買い物に行きました。おそらく、最近の仕事はあまりにも忙しくて少し迷惑だったかもしれませんが、それはいつものように熱狂的ではありませんでした。建設的な提案ではありませんでした。それはとても落ち込んでいました。私は高価な服をいくつかぶつけて、彼の手に投げ込んで歩きながら言った。
プロポーズシリーズでは女性は

プロポーズを止める

ショッピングに同行するのはとても苦痛です。何をしていますか?ほとんどの訪問を過ごしましたが、まだ終わっていません。本当に面倒です。だから、私を言う。文は主張している。服を試してみると、他の人に有益な助言を与えることはできませんでした。彼は多くを言って、夫は落ち込んでいました。服を買うために、私は急いで前進し、車は通り過ぎました。突然、私の夫が私を街の裏に引っ張りました。彼は外を歩いて真剣に私に話しかけた。私たちは歩くときに注意する必要があります。再生ガスは私の中に入っていなければなりません。ねえ、知っている。次回は私と一緒に買い物に行くのが楽しく、買い物はもっと楽しく、とても多くのスタイルを見て、妻を身に着けている気分を想像してください。

夫婦がうまく解決されたからです紛争は

夫の動きはちょうど私に少し触れましたが、私の怒りを落ち着かせるには十分ではありませんでした。彼の側を歩いて、私の夫が私の後を買い物する方法を考えていて、突然夫によって引っ張られました。彼を一目惚れして彼の声が伝わった。赤い光が止まり、ウエディングのライトが点灯します。分かりません。赤いライトは愚か者です。彼はとても騒々しいので、彼の話した人でさえ、これを聞いて後退しようとしたところで、彼は夫を見ました。突然、多くの人が横になっていることがわかりました。私はちょっと恥ずかしいです。私は実際に夫の口を差し込みたいと思っています。この男は直接言った。