婚活してしまえば

すべて正常に見えました指輪

妻はミハエルがレザーバッグに入れた手紙を盗んだことについて笑って言った。その時、週末は終わりを告げ、彼女は彼女の気持ちがありました。夫は、私が追求した最初の女の子であると言いました。これは、私の愛が違うと思うところです。夫は、夫がまだ学校に通っていた毎日、夫婦が遠足や長い会話を思い出し、夫婦がお互いに書いた愛の手紙を想起したことを妻が理解するための手紙を書いた。夫は、当時の唯一の不十分さはジャスティムのそばではなく、私が彼女をもっと恋しく思うと言いました。私はその時に思った。「神様、もし私がこの男、他の誰かと結婚しなかったら。彼と結婚するだろう、私は彼を捕まえることができるときに彼と結婚するほうがいい。妻の夫への愛、感謝と賞賛を聞くことができます。夫は言った。私は他の女の子を考慮する必要があったが、私はそれらと一緒にいたいとは思わない。

  • 結婚の第4のルール結婚における夫と妻の関係
  • 指輪の洗濯問題についての議論の半分が終わったとき
  • 婚活相手として求めているにもかかわらず意地や見栄

夫婦は変わることができません成人はただ妻と一緒にいたい。私は彼女と合法的なカップルになりたいと誰も彼女が私にどのように特別なことを知ってほしい。妻は夫の仲間が、夫、夫、そして彼女の統一からあまりにも多くの時間を取ったと訴えたときにそれを思い出しました。To。彼は理解していませんでした。夫と妻が幸せに生き続けていると聞いた時、悪いことが起こったとき、配偶者と結婚の本質的な見方は強力なバッファーなので、全く驚かないでしょう。それはあまりにも多くの害から結婚を守ることができます。彼が残した良い気持ちのため、妻と夫は、夫婦が議論するたびに離婚や離婚のような脱出の考えを持っていなかったでしょう。この見方は当初はあまりにも明白でした。しかし、愛と賞賛のシステムは非常に壊れやすいし、カップルの友情、幸せな結婚の中心、を維持するために愛とその重要な役割を常に意識していない限り、あまりにも多くの打撃に耐えることができません。

 

婚活と考えると恋愛は別と考えるため婚活は一発勝負です

相手の弱点を捉えるのと同じように、幸福な結婚が悪化するのを防ぐことができます。賛美は軽蔑の解毒剤です。配偶者に敬意を表し、相手に同意しないときは相手を憎む可能性が低いので、最後の4人の騎士の鞭打ちから夫婦を愛し、賞賛します。お互いの愛と賞賛の愛が消えたら、結婚はひどく困っています。もしそのような配偶者が尊敬の価値があるという基本的な信念がない場合、貴重な配偶者関係の基礎は何ですか?キーがありますが、まだロリーとリサのようなカップルがたくさんあります。これらの夫と妻の愛と賞賛のシステムは非常に弱くなっており、ほとんど気づかれていません。愛の火は消されているようですが、燃え尽きれはまだ続いていますが、結婚を救うためにテスト愛の愛と賛美のシステムアンケート好きな賞賛システムの状態を評価するために、以下の質問に答えてください。次の文を注意深く読んで、正しい、T、または間違った、F、項目を丸で囲みます。●私たちの夫と妻の関係において、私は愛され、世話されているように感じます。
結婚や友人親兄弟
結婚の第4のルールまたは別の夫婦が作業
この特別な日に、簡単な挨拶を送ることは幸福の一種です。夕方、私の母は秘密に私に電話して言った。お父さんは今日、特に幸せでした。電話を受けた後、彼はちょっとした歌をして、少しワインを飲みました。私が母親の言葉を聞いたとき、私は父の喜びのために喜んでいたはずだったが、私は酔っぱらった。ハッピーバースデー●両親の誕生日を覚えていますか?両親の誕生日に祝福をお忘れなくお持ちくださいか?母の日、父の日に電話したり、贈り物を買うことを忘れないでください。今日のお祭りでは、必ず自分のために祝うことを考えないでください。高齢者について考える。老人の要望はそれほどではありません。私たちが何か小さいことをしている限り、夫婦は幸せであると幸せです、皆は幸せではありませんか?

 

婚活は感情的で身体的なものです結婚式場に入った後

彼を説明してメイクアップする機会は私には怒っていた。彼は食べ物で私を連れ戻さなかった。誰も私を引っ張ってこなかった。今日私は夫を叱る必要があり、彼を殴らなければならない。私は早朝に起きたとき、外出して朝食を食べるのが面倒だった。私はまだ行っていない、自分で行く。結果が彼を染料屋の所有者にさせてはならないと私は思いました、アメリカとアメリカで朝食を楽しむ。幅指輪の大きな魚の水槽では、染料屋を開けなければなりません。ちょっと指輪センチの長さです指輪。午後、家からどこで買うべきか分かりませんでした。彼はすでに4つの魚釣り用のタンクを持っていて、水を注ぎ込んでいました。私は最後の人生で猫でなければならないと思う。私は魚が大好きで、魚は好きだ。

夫婦の妻と比較して解決策は

上がっていくのはとても難しかったです。だから私がやっていることは、ゆっくりと精神を引き上げる余裕はない。水槽の水が満杯になると大きな騒音が聞こえて、水が魚の水槽から流れ落ちました。夫、私の夫、私は水槽で叫んでいました。それとは別に、私は本当に何をすべきか分からず、両手は空中を前後に揺れ動います。流れ落ちる水を見ると、私の脳は空です。急いで地面の物を救いなさい。彼女の夫は怒って私に叫んだ。私を卑劣な人から怖がらせてくれましたね、ちょっと、せいではありません。私のパニックでは、私の頭がテーブルに当たって、テーブルのコーヒーカップが地面に落ちた。ソファがパニックに引っ張られたとき、ソファーのモニターが床に落ちた。パニック状態では、手は交換された魚の水槽に触れて口を傷つけた。